イケダの貸出カード。

読んだ本とフリゲについて。

処刑の文化史(2018)

 磔、ギロチン、鞭打ち、火あぶり、皮剥ぎ、ガス室電気椅子…、何でもござれ。異教徒狩り、魔女狩りと何かと理由をつけ、拷問器具、処刑台を使い続けてきた人類。民衆は処刑という刺激たっぷりの娯楽に酔いしれ、遺体は病気の薬になるとバラバラにされた挙げ句、売買された。「処刑の文化史」と名を打っていながら、何故か(著者の出身の問題か?)ヨーロッパなどが中心でそれ以外の国の処刑についてはほんの少ししか記述されていない。

 その時代ごとに正当な理由(?)はあるものの、極悪非道な拷問、理不尽な処刑の歴史があるからこそ、ヨーロッパなどでは愛護や人権活動が盛んなのかもしれないと思った。歴史に学ぶ。その姿勢は素晴らしいけれども最近は自分を過度に正当化し、周りに考えを押し付け、新たな魔女狩りが始まっているような気がする。人は本当に暴力が大好きだ。

 以下、気になった箇所のメモなど。

ドイツでは絞首台で働いたり、絞首台にちょっと触れたりするだけで縁起が悪いと考えられていた。悪運は一生ついて回り、子孫にまでも伝わる。

共和制ローマでは袋詰め刑があった。罪人は血に染まるまで鞭で打たれ、頭部に狼の皮を被せられて手足をきつく縛られた。時と場合によって異なる様々な動物、蛇や雄鶏、犬、猿などが一緒に袋に押し込められる。こうして罪人と動物は一緒に川や湖に放り込まれた。

ローマ帝国の闘技場では動物は奴隷や非市民を餌として襲うように訓練されていた。動物が役目を果たさなくなると調教師の食料となった。

中央ヨーロッパの十七世紀に至るまで多くの女性が生き埋め、溺れ死させられた。当時は婚姻のため教会で誓いを立てる習慣がなく、当事者同士でお互いの意思を確認しあい、その後肉体的に結ばれれば夫妻と認められた。そんなわけで男達は若い女性をベッドに引っ張り込む目的でこの制度を悪用し、散々悪戯した後、女性をほっぽりだした。幼子を抱え、生活の糧もなく絶望した女性は極刑である嬰児殺しに走った。

王殺しの罪により、墓が暴かれ、内蔵えぐり、首吊りなどが行われた。

剣の刑における練習は猫や羊、豚などで行われ、基本的な技術がつけば大きな犬で練習した。

海賊クラウス・シュテルテベーカーは一四〇二年、ハンブルク艦隊に補足され、剣の刑を言い渡された。彼は首を落とされた後、一列に並んだ子分達の前を歩いてみせるから、自分がその前を通ることができた子分を解放するようハンブルグ市長に掛け合った。彼は十二人の子分の前を通り過ぎたと言われるが、その子分は解放されず、斬首された。

悪魔とその仲間達は病気や死や嵐などありとあらゆる不幸を巻き起こし、不幸は悪魔の不吉な姿形に由来すると思われていた。悪いことが起こると地上で最も分かりやすい悪魔の手先、魔女に矛先が向けられた。

裁判にかけられた魔女が助かることはほとんどなかった。魔女に勝ち目はなかったのだ。「魔女を生かしておくなかれ」と聖書にもあるではないか?神は無実の者が告発されることをお許しにならない。ということはつまり、告発されるとは有罪であるということなのだ。(94

中世ヨーロッパ大陸ユダヤ人の囚人は逆さ吊りにすることが多かった。逆さ吊りはユダヤ人だけを対象としていた刑ではなかったが、当時の世の中は反ユダヤ感情が強く、逆さ吊りはユダヤ人にふさわしいと考えられていた。刑は罪だけでなく罪を犯した者にふさわしくあるべきだった。ユダヤ人の囚人が改宗の誓いをキリスト教を進行すれば絞首刑に軽減された。

ギロチンはあまりにも効率的で見ごたえがないため、観衆は「昔の処刑台に戻せ」と大声で繰り返した。

一二六〇年から一六五〇年までイングランド、ウエスト・ヨークシャーのハリファックス活躍した「ハリファックスの断頭台」。一人の人間が死刑囚の運命を背負ってしまわないように地域の男達みんなでロープを引いた。

ロンドンのマダム・タッソー蝋人形の館に提示されている多くは。(150

一七九三年、フランスで可決された反革命容疑者法は階級関係なく、無能な将官、人気のない政治家、高級売春婦、歴代市長、豪農、兄弟を亡くして泣いていた若い女性などまで処刑した。

皮剥ぎの刑の章。イギリス兵士や殉教者達が先住民に皮剥ぎされと書かれているが、彼らからすれば領地を侵された挙げ句、訳の分からん宗教を押し付けられそうなったかもしれんわけで、どうにも同情しづらかった。

太古から今日に至るまで人間の体の器官は薬効を目的として売買されていた。脂肪、血、唾液、頭蓋骨に生える苔など、特に脂肪は需要が高く、処刑された囚人の遺体だけでは供給が追いつかなかった。

処刑に関する遺物は摩訶不思議な力があるとされ、受刑者の体、衣服、首縄なども高値で売買された。

首吊にで処刑された男の手は肌荒れや痔、痛風などに絶対的な効果が発揮するとされていた。

十六世紀のヨーロッパでは人間の血を飲むことで、ありとあらゆる不調が治せると信じられていた。血は若ければ若いほどいいとされていた。血を飲むとすぐに走ることが必須だった。若い活力を過剰に得、ひいては節度を越えた激しい行動を起こす危険性があるとされ、なるべく体力を消費し、薬効を安定させる必要があるとされていた。

処刑の文化史

著者:ジョナサン・J・ムーア

訳:森本美樹

発行:2018

本体価格:2700円+税

禅的生活(2003)

「武士道と云ふは死ぬ事と見つけたり」。対して「禅道と云ふは平然と生きる事と見つけたり」とこの本を読んで思った。平然と…は残念ながら私の思いつきではなく、最近本で知った言葉だ。詩人当たりの人が言っていたような気がするけど、間違っているかもしれない。

 禅の面白さはありとあらゆる枠を枠を越えようとするところだ。何もないと思っていたところに地面があり、空があり、空気があると考える。ぐんぐん世界を広げたと思えば、何の前触れもなく全て消し去る。禅の奔放さは言葉も同様で、著者いわく「佳いと思った言葉はどこのものでも使ってしまう貪欲さに溢れている」とのこと。

 本編で特に興味を引かれたのは「表現しすぎた志の怖さ」だ。金子みすゞ宮沢賢治などを例題に出し、「表現に自分の全体を合わせ、方便であることを忘れていく」ことの怖さを説く。

 金子みすゞの「私は好きになりたいな、なんでもかんでもみいんな」、宮沢賢治の「世界全体、幸福にならないうちは個人の幸福はありえない」は到底無理な話だ。しかし人はさらに過激な表現を探し、方便さえも忘れ、不可能を可能にしようと格闘し始める。結果、二人は自死を選んだのではないかと著者は推測している。

 どうにもまとまらん。本日はここまで!

以下、気になった箇所のメモ

 悟りとは「万物が隔てなく一つであり、空間も時間感覚もない。主観的な自己がなく、思想も言葉も感覚もない。心に自我がなく純粋な未分化の気付きとして存在している。」。

禅的生活

著者:玄侑宗久

発行:2003

本体価格:760円+税

老師と少年(2006)

 徹底的に削ぎ落とされ、厳選された言葉達は砂漠に雨が降るように深く染み込んでくる。著者は曹洞宗の禅僧、南直哉さん。著者のことはあまり知らないけれども、この前読んだ対談本でかなりしんどい人生を歩んできたのは知っていた。その本の中で「老師と少年」にも触れていて、著者は「お経のような本を書きたかった」と語っている。対談相手はだからこそ何度も読まざる得ないと評価していたけれど。確かに私はこの本を何度も読んでいる。

 ページ数はたったの百十一。物語も悩みを抱えた少年と土地から土地へ旅をしている老師の会話が中心で大事件が起きなければ、大どんでん返しもない。悩みを訴える少年とそれを聞く老師。ただそれだけなのにどういう訳か、感情を揺さぶられる。全編を通して感じるのは、とてつもなく大きく深い肯定感だ。

 悩みも苦しみも間違いも全て引っくるめて、そのままでいいじゃないか。俺もそうなんだから、おかしいことは何一つない。

 この肯定感は多分著者が人生に苦しみ、逃げることなく徹底的に向き合ってきたからこそ、私の心にちゃんと伝わったのだと思う。

 ふと頭に浮かんだのは漫画スラムダンクのゴリが山王の河田と対峙した場面だ。その圧倒的な強さから、ゴリは背後に河田の大きな掌(ゴリ自身が作り上げた過剰なプレッシャーか?)を感じていた。私が感じたのはあれの真逆版だ。とても優しい、圧倒的な安心感。仏の掌って、こんな感じなのかもしれない。関係ないけど、スラムダンクの映画、観に行くか迷うなあ…(原作至上主義)。

「生きる意味より死なない工夫だ」

笑いましたね。老師は、あなたが笑ったらこう言えと言いました。

「その笑いの苦さの分だけ、君は私を知ったことになる」

引用:老師と少年 p110、111

 最後に登場する、老師の世話をしていた少女の言葉。この言葉を見つけるまで、書けるようになるまで著者はどれほど、もがき苦しんだのだろうか?この言葉を読む限り、悩みは完全に消えたわけではなく、おそらく死ぬまで苦しみは続くのだろう。でもそれが人間で、だからこそ楽しいことも感じられ、穏やかな時間も過ごせるのだと私は思う。

 苦楽は表裏一体。この世は諸行無常。どんなに辛い状況でもいつか上昇する。そうならざる得ない。加えて私の悩みは遥か昔から数え切れないほど悩まれ、川の流れで削られる石のように丸くなって、軽くなっている、と想像してみる。そう考えると自分の悩みは大したことじゃないな、と思えないでもない。

老師と少年

著者:南直哉

発行:2006

本体価格:950円+税

電車の中を10倍楽しむ心理学(2014)

 サングラスをかける人、席に大股で座る人は小心者で自分を大きく見せたい、電車の中で本やスマホを手にするのは他者との関係を持ちたくない現れ、小心者ほどパーソナル・スペースが広い、服はその人のなりたい自分、見られたい姿、髪を触る癖がある人は寂しがり…。大声のお喋りが気になるのはパーソナル・スペースを侵されていると感じているから、席の隣に荷物を置くのも同様。読めば読むほど、人間の過剰な恐怖心が浮き彫りになってくる。

 あの手この手で人間は恐怖心を排除しようとする、その努力。なんて弱いんだ。なんて脆いんだ。だからこそ群れざる得ないのか。ここまでくると「賢い人間」を意味する「ホモ・サピエンス」もただの強がりに思えてくる。

「俺の剣が届く範囲は俺の国だ」と言い放ったのは漫画「銀魂」の主人公を務める銀さん。対して我々は「俺の荷物を置いた範囲は俺の国だ」。なんか、ダサいな?

電車の中を10倍楽しむ心理学

著者:渋谷昌三

発行:2014

本体価格:1200円+税

なんで僕に聞くんだろう。(2020)

 内容は様々な相談に著者が答えるというもの。不倫、結婚、親子関係など、幅広い悩みを読みながら思うのは「なんで著者に聞くんだろう」。多分、相談者は誰にも悩みを言えなくて、でも聞いてほしくて、それでいて否定もしてほしくない。なんなら耳障りの良い、欲しい言葉をかけてほしい。著者も書いているが、答えはもう相談者の中にある。ならどうして相談するんだろうと思うけれど、人間は自然界において激弱生物なので「誰か」を頼らずにはいられないのかもしれない。

 著者を相談相手に選んだ理由は色々あるだろうが、がん患者だということも大いに関係しているように思う。こんなことを書いて良いのか分からないけど、自分より先に死にゆくであろう人からの言葉は神聖に感じるものだ。死は年齢、性別、職業関係なく、影のように常にそばにあるにもかかわらず。

 イエス・キリストの「このパンは私の体で…」という台詞も最後の晩餐で放たれたからこそ弟子達に響いたわけで、通常の食事の時なら「やばい人についてもうたかも…」と弟子達はこぞって後悔しただろう。少なくとも私はする。さっさと食事を済まし、トイレへ行くふりをしてイエスの元から去る。そして地元に帰り「イエスがさ、食事してる時、なんて言うたと思う?今から食べるパンは私の体やって。ワインは血らしくてさ、やばいない!?カニバリズムやん!」と知り合いに言いふらすだろう。

 この本の、いや著者の面白さはそういう死からくる神聖さを蹴散らすところだ。相談者に寄り添い、核心を突きながら悪いところはしっかり指摘する。

 風俗嬢に恋をしました。その一言だけを送ってきた相談相手に対し、相談の時点でコミュニケーションが下手すぎて恋の成就は難しいと答えたり、不登校の息子に悩む母親の独りよがりを見抜いたり、数十年前に別れた元カノの現在を知りたい、自分を覚えているかどうか確かめたいと思い悩む男性に対し、過去に生きるのはよくない、というかその行動自分がやられたら気持ち悪いでしょと諭したり、よくぞ、まあ、ここまでズバッと核心をつけるなあと感心する。結構きつい言葉も、攻撃性をあまり感じないのは著者の本来持っている深い優しさがなせる技だろう。

なんで僕に聞くんだろう。

著者:幡野広志

発行:2020

本体価格:1500円+税

いったいぜんたい「これは何だ。」

 起動してくれてありがとう。

 これが初っ端投げかけられた言葉だった。ゲームキャラいわく「ゲーム制作の流れを知るために作った」らしい。でも元々は友人に手紙を送ろうとしていたが、ゲームの方が面白いと変更したとのこと。

 何とも掴みどころのない理由だなあ。

 そんなことを考えていたら「メッセージ性はない」とキャラクターからの返答。妙に会話が噛み合う。さらに「ゲームかどうかはどうでもいい」とゲームを遊びたくて起動させているのに突き放された。

 若干、迷子のような気分になりながらゲームを進めていると選択が表示された。ようやくゲームらしくなってきたと身を乗り出せば、「選択肢の作り方を試したかっただけ」とやはり突き放される。徹底的に突き放された挙げ句、最後にかけられる言葉は、

 これは何だ。

 雲をつかむような、何とも禅問答のようなゲームだった。

これは何だ。

ジャンル:ノベル?

推奨年齢:?

制作:拓生

novelgame.jp

言葉にできぬカオスワールド「ペルジパング」

 右を見ても左を見ても奇妙奇天烈。
 
 なんちゃってジパング炸裂。

 物語、登場人物、見るもの全てが奇妙奇天烈(二回目)。私には異物過ぎて消化に時間がかかった。というか、未だに消化しきれていない。

 ハリウッドでよく見かけるなんちゃってジパングを舞台に匂いまで漂ってきそうなリアルで個性的過ぎるキャラクターがハチャメチャな物語を展開していく。ここまで世界観が強いと説明するのが野暮なような気がしてくる。知りたいなら、つべこべ言わず、やりゃあいいんだ。

 ゲームは六つの物語を読み、時系列通りに並べ、正解するとエンディングに辿り着けるというもの。気になったら、つべこべ言わず、やりゃあいいんだ(二回目)。

ペルジパング

ジャンル:トンデモ和風SFホラー短編

推奨年齢:?

制作:快亭木魚

novelgame.jp