先生、私はここです。

読んだ本のメモ的なやつ。読書のお供は芋けんぴ。

やっぱり、このゴミ収集できません(2020)

  お笑い芸人マシンガンズ滝沢さんによる著書「このゴミシリーズ(勝手に命名)」第二弾。内容は前作同様、清掃員あるあるやゴミから分析するお金持ちとそうではない人の違いなどについて書かれている。

 心に残ったシーンをいくつか。

(略)僕がこう考えるずっと前、ギニア出身の清掃員と一緒に働いて、言葉に詰まってしまったことがある。
「ナンデ、ニホンジンハ、ステルモノヲ、カウノ?」
僕は答えられなかった。言葉に窮して、そういう国なんだよと答えてしまった。胸を張ってこれが答えだと言える人がどれくらいいるだろうか?
引用:やっぱり、このゴミは収集できません

「捨てるために物を買う」とは言い当て妙である。一時期話題になった「MOTTAINAI」は死に体だ。豊かさ、利便性とは何か?を考えさせられる。

 また清掃員として毎日狂ったように出されるゴミと向き合う中で、滝沢さんはある日ゴミで覚醒することを決意する。

僕は本気でゴミで覚醒してやろうと思った。

嫁に本気で「僕はゴミで覚醒する」と言ったら、爆笑された。しばらく笑った後に「何で覚醒するんだっけ?」と言われ、「ゴミ」と答えると狂ったように笑っていた。恥ずかしかった。まぁ確かに突拍子もないことだから仕方がないが、僕の中では未熟ながら、うっすらと道筋は見えていた。

女っちゅーのは、世の中の仕組みをわかっていないんだなぁと昔親父が言っていた台詞を、そのまま一言一句変わらず言ってみた。その時に俺も親父になったんだなぁとしみじみと思った。

引用:やっぱり、このゴミ収集できません

 私は本書の中で「女っちゅーのは、世の中の仕組みをわかっていないんだなぁ」という一文が大好きだ。一部の怖い人が怒り狂いそうな主張だが、人の本能とバカさ加減が見事に表現されていると思う。

 坂口安吾の「青鬼のふんどしを洗う女」、安部公房の「砂の女」でも似たような描写があり、男は自分が世界を回しているという「うぬぼれ」が、女には子を生み育てること以外、関心がない「視野の狭さ」がある、ようだ。思い当たる節があるけども「ようだ」とお茶を濁し、保守に走る。

 私はともかく(?)、滝沢さんはSDGsに関心を持っており、性差別者ではないと書き加えておきます(SDGsの目標の一つに「ジェンダー平等を実現しよう」がある)。

シブヤ いもけんぴ

 九〇グラム入り。

 値段は不明。百円以下だった記憶。

 いもけんぴを見つけると無意識にレジに持っていく習性がついてしまい、もう自分は病気だと思っている。ネット検索しても、いもけんぴ依存症を診てくれる病院はなかった。

 いくら文明が進化しようと所詮、人間は服を着た猿だ。いもけんぴに取り憑かれた迷える子羊をも救えない。メディーーーーック!!!!

 追伸 

 味は砂糖控えめで、芋がでしゃばっていた。ちょこちょこ繊維(皮か?)も登場する。繊維がなければ満点。

愛と憎しみ 奇跡の老々介護(2017)

 息子、阿井渉介、七一歳、母、百歳。

 仕事、趣味に明け暮れ、家事経験無しのザ・昭和男の介護記。 母親の下の世話さえ苦痛ではなかったと言い切る著者がそう思えたのは小説家の肩書の元、時間と金銭面の余裕があったからだろう。

 介護、家事が未経験ながらも母のため奮闘する息子。その思いに応えようとする母の姿は理想の親子、理想の介護像だ。

 一秒でも離れていたくない。

 まるで恋人のような互いへの深い愛に、失礼だが若干の気持ち悪さを感じた。これは私が距離のない人間関係が苦手だからだろう。

 気になったのは著者による元嫁への不満。性格の不一致や不満があったのは分かるが、元嫁、今では赤の他人のことを書くのはどうかと思った。

介護現場ですぐに役立つ!タイプ別でよくわかる認知症ケア(2017)

※メモ

 認知症のBPSD(周辺症状)には種類が多い。そこで役立つのが3期分類。京浜病院ではアルツハイマー認知症の周辺症状は3つに分類できることを発見した。

●混乱期

 自分の置かれている状況が理解できず、ストレスで興奮している状態。周りが全て敵に見え、危害を加えられるという思い込みがある。興奮して暴力をふるう、不安でじっとしていられない。意識レベルが低く、目を合わせない。

 ケア:薬で対応。介入は最低限に。

●依存期

 激しく怒ったり、暴力をふるい、一見混乱期と似ているが、背景には以前のことが思い出せない、記憶できないことが原因で自分の未来に対する不安やいらだちがある。更に忍耐力が低下しており、突然興奮したり、大声を出したりする。混乱期に比べ、意思の疎通がはかれ、怒りや甘えの対象がはっきりしている。混乱期と違い、目が合うため、判別可能。

 ケア:共感する。目の届くところへ。

●昼夢期

 認知症が進行し、時間の観念をなくすなど、自分の置かれた状況を正しく理解できなくなる。自分の作り上げた世界、若返りなどが起こる。

 ケア:利用者の言動に合わせる。外の世界になれさせる。

レビー小体型認知症

 心身に具体的な病状(幻夢、幻視など)が出やすい。記憶力の低下が見られないため、気づかれず放置されやすい。パーキンソン病を合併しやすい。筋肉を使っていない時は小刻みに震え、使っている時は筋肉が硬直する。そのため転倒しやすい。脱水などに注意する。

○前頭側頭型認知症

 社会性や理性を司る前頭葉、記憶、聴覚を認識する側頭葉が萎縮し起こる。そのため社会性のない言動を取り、トラブルを起こしやすい。欲望のまま行動するため、介護者の負担が大きい。必ず専門医にかかること。非社会的な行動が治ることはないので、周囲が配慮すること。